紹介

固体の表面は、分子・原子と固体の相互作用が生ずる特殊な2次元空間です。 そこで生ずる現象では、気相中の分子や固体(多くは結晶)の中とは異なる取り扱いが必要となります。 このような「表面」の特殊な環境を生かして、

の解明を目指しています。

最近の主な関心は以下の通りです。

立体分子の吸着状態

すでに分子性の半導体の電子状態設計は実用化が広まりつつありますが、 表面に於いて これまでにない有機分子の電子状態構築法を開拓することで、 化合物半導体の創製と電子状態制御、機能性表面の活性化、触媒の促進・制御などの分野で 新たな2次元物性の新展開の端緒とします。

近年では超芳香属性を持つ有機分子等の表面吸着を用いて、 半導体や貴金属の表面局在電子の制御を目指しています。 この電子状態の解明するために、立体的な吸着構造の観測・制御や有機物由来の 電子状態(特に励起状態)の測定を行っています。

超高速計測

フェムト秒(10-15s)の時間スケールで 有機分子や 層状物質の超高速振動の光学計測を行い、 吸着物間相互作用や欠陥導入による変調などを計測しています。 光吸収による電子の励起エネルギーが緩和して格子振動に伝搬する過程を実時間で追跡することができます。

アニオン生成

表面の反応ではしばしばイオンの発生や散乱を伴います。これまでの 表面からの脱離 やイオン散乱では 正イオンのみに着目した研究がなされてきましたが、我々は負イオン(アニオン)の生成や散乱に関して実験しています。 表面と分子・原子の相互作用の解明のみならず、プラズマを用いた表面加工や原子層膜生成(atomic-layer deposition)などへの応用が期待されます。

研究室配属

大学院では 工学府・物理情報工学専攻 物理工学コース に属しています。
大学院で当研究室で研究したい方は 入学案内頁へ。

理工学部では 数物・電子情報系学科物理工学教育プログラム の学生が研究に励んでいます。

ゼミ等は、表面物理グループとして大野真也 研究室と合同で行って、ナノスケールでの表面・界面の現象について議論を行っています。